可愛らしい(時に激しい)ボードゲーム『そっとおやすみ』をご紹介

2019年7月25日

サラリーマンだけど毎日10時間寝たい

今日は2005年に発売し、長らく絶版になっていたものの、2017年に再販して安定供給されるようになったボードゲーム『そっとおやすみ』を紹介したいと思います。
基本的に4枚のカードの絵柄を揃えるだけという単純なもので、小さな子供でも楽しめるゲームです。

引用元:すごろくや 紹介ページ( https://sgrk.blog.fc2.com/blog-entry-3772.html )

『そっとおやすみ』ってどんなゲーム?

スナイパーとなって敵に狙いをつけながらカッコよく「Good night…」って呟くゲームではありません。
絵柄が子供向けの、とてもファンシーなゲームです。女性にも人気です。
ルールは非常にシンプルです。

  • 4色のカードをランダムに4枚、手札にしてスタートします。
  • 要らないカードを1枚づつ、隣の人に回して行きます。
  • 4枚のカードが全て同じ色になったら、カードを伏せます。
  • 他人がカードを伏せているのに気付いたら、自分もカードを伏せます。(揃ってなくてもいい)
  • カードを伏せるのが一番遅かった人が『おねむちゃんカード』を受け取ります。
  • 何ラウンドか行い、『おねむちゃんカード』が一番少なかった人が勝ちです。

やろうと思えば、トランプでも代用出来てしまうほどシンプルなゲームですが、やはり専用のカードで遊んだ方が気分も盛り上がると思います。

そっとおやすみの魅力

そっとおやすみの魅力は、とにかくインストが簡単なことです。
誰でもルールを1分で理解出来ます。
子供でも理解出来るので、家族で遊ぶのもいいかもしれませんね。
しかも、そのシンプルさがゆえに盛り上がるゲームでもあります。

眠る人形

このゲームの面白いところは、『誰かがカードを伏せたら自分もそっと伏せる』という点です。
簡単に言えば、誰かが”イチ抜けた”を始めたら、取り残されないようにカードを伏せなければならないのです。
“イチ抜けた”は自分の好きなタイミングで実行することが出来ます。
いきなり手札が同色4枚で揃っている場合に、あえて一巡する直前に伏せたりね。
みんな「えっ?えっ?」って感じになりますw

こんなゲームなので、あえて集中力が阻害される場面だとより面白いゲームになります。
イルルがやった時は、スタートプレイヤーがみんなに話題を振って、それについて会話しながらゲームをするという縛りにしていました。
例えば話題を『初恋の話』に設定したとしましょう。

初恋って何歳の時だった?

私は13歳の時だったよ

へえ!相手は同級生?どんな人だったの?

実は担任の先生でね…

そうなんだ!どんな先生だったの?

ねえねえ!ところでもうカードみんな伏せてるよ

アッー!!

…というような具合です。ね?面白そうでしょ?
しかもこのゲーム、値段も1500円程度です。
頑張れば他のカードでも代用して遊べますが、これくらいならお財布に優しいですよね。
パッケージもとても可愛いです。

そっとおやすみのビミョーなところ

まあ、ビミョーというよりどっちかっていうとエキサイティングなんですが、そっとおやすみはゲームプレイヤーがある程度慣れてくると開発者の設計思想を置いてけぼりにしてジャングルスピードばりのスポーツ精神溢れるゲームに変貌します。

プレイヤーが会話とゲームのダブルタスクをこなせるようになってくると、全員の寝るスピードが修学旅行の夜に担任が見回りに来た生徒の如く瞬発的になります。
もはや動体視力と反射神経をフルに生かしたアクションゲームです。
可愛らしいカードの絵柄とやってることが違い過ぎて逆に笑えて来ます。
イルルはもう若い子には全くついていけませんでしたw
まあ、これはこれで楽しいんですけど、『慣れるのが早い』ということは『飽きるのも早い』ということかもしれませんので、そこだけ留意しておくといいかと思います。

そっとおやすみはどこで買えるの?

すごろくやを始めとした各種ボードゲーム販売店や、通信販売で容易に手に入ります。
品数も安定して供給されているようです。

まとめ

本ページでは『そっとおやすみ』(ちなみに原題は”眠りの帽子”、つまりナイトキャップということらしい)が誰でもスッと遊べるファンシーなライトゲームであることを紹介しました。
また、プレイヤーが慣れてくるとそっとおやすみがガッと就寝に変貌することもお伝えしました。
なにぶん、値段が低価格ですので、興味が出たら何かのついでに手に入れておくといいでしょう。

世界の社畜にどうか眠りを…