プレイステーション5が発売決定

2020年は楽しみなことが盛りだくさん!

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは10月8日、来年(2020年)の年末にプレイステーション5を発売することを発表しました。ついに来たか、という感じです。

プレステ5

PS5のスペックは?

さて、PS初代からPS2、PS3と大きな進化を遂げてきたものの、PS4発売時は「PS3とそんなに違いを感じない」とも評されていたプレイステーションシリーズ。5についてはどんなスペックになるのでしょうか?

項目PS5PS4ProPS4
CPUx86-64-AMD Ryzen “Zen2″, 8 cores/16 threadsx86-64 AMD “Jaguar”, 8cores
(動作クロック向上)
x86-64 AMD “Jaguar”, 8cores
GPUAMD Radeon™ RDNA (Radeon DNA) -based graphics engine4.20 TFLOPS, AMD Radeon based graphics engine1.84 TFLOPS, AMD Radeon based graphics engine
解像度4320p(8k)2160p(4k)1080p
メモリ不明GDDR5 8GBGDDR5 8GB
記憶装置SSDを搭載(容量不明)1TB 500GB
互換性PS4と互換性あり(検証中)なしなし

現在の発表内容によると、このようになります。
機械に疎い方向けにざっくりと説明すると、PS5はPS4の16倍のグラフィックの綺麗さで、ロード時間が爆速、しかもPS4のゲームも遊べる、という感じです。(PS1~3のソフトの互換性はないようです)
まぁ、他の部分の性能を踏まえても、ニンテンドースイッチなんかよりは完全に上ですね。
※但し、グラフィックについてはそもそも8k対応のテレビを持ってないとあまり意味がないです。

GPUは毎回プレステ用にカスタムして来ますから、今回もかなり高性能なものを積んでくるでしょう。そもそもソニーは発売時点の、最高技術の粋を集めて製品を作りたがるメーカーですからね。
ちなみにファミ通調べによると、PS4Proでは15秒かかった処理が、PS5では0.8秒になるのだとか。

気になるお値段は?

これだけ高性能だと下手なパソコンより高スペックなワケですが、お値段についてはまだ公表されていません。歴代プレイステーションの発売価格は約4万円(PS1,2,4)~6万円(PS3)程度であり、恐らく仮想敵として捉えているニンテンドースイッチが約3万円だったことを考えると、やはり4万円程度の価格で発売するのではないかと推測します。

発売予定のソフトは?

来年発売予定ということですから、いくつかローンチソフトは開発体制に入っているようです。リークされた情報によると、以下のソフトが出るようです。

  • グランツーリスモ7
  • PUBG(4kリマスター)
  • The Last of Us 2
  • Ghost of Tsushima(リマスター)
  • Battlefield bad company 3
  • ハリーポッター
  • グランド・セフト・オート6
  • アサシンクリード
  • Horizon Zero Dawn 2

イルル的にはプラチナトロコンまでやり込んだホライゾンゼロドーン2がものすごく楽しみですね!また、ゲーム史上、発売記録がギネスブックにまで掲載されたグランド・セフト・オートシリーズの新作ですが、今度は舞台が東京になるというウワサまで出ています。

楽しみだけど転売対策しっかりして欲しいね!